実績・ご利用者様の声

くも膜下出血後遺症

ひとりでベッドや車いすの移乗ができるようになった!

〇改善内容

☑移乗動作が行える

〇脳リハ式ステップアップメソッド達成項目

移乗

☑安定した状態で方向転換ができる

☑移乗に必要なステップを踏むことができる

☑恐怖感が無く行うことができる

立ち上がり

☑ふらつかずに立つことができる

☑両側ともに十分に下肢を曲げてたつことができる

☑両足裏に同じくらい体重が乗っかっている事が分かる

○レビュー

基礎情報

年代:70代

疾患名:くも膜下出血

発症からの期間:3年

症状:左片麻痺

リハビリ期間:4カ月

リハビリ目標:自宅内で杖歩行ができる

利用メニュー:60日間改善プラン

利用回数:32回

○当ステーションご利用までの経緯

回復期病院にて6月リハビリをしたものの徐々に活動性が低下し寝たきりに近い状態になってしまったため、ケアマネージャー様の紹介にて当施設に来られる。

○初回体験時の状況

・活動性低下による足関節拘縮が見られていた

・回復期病院退院時は歩行困難と言われ、意欲が低下していた

・移乗の際はふらつきが強く中等度の介助が必要であった

○リハビリ内容

・鍼灸と連動し、浮腫の改善と足関節の可動性向上、協調性回復を目指した

・足の支えが上手くできず不安定であったため足底の感覚の上達を目指した

・日々の活動性向上を指導しベッドでの生活を出来る限り減らした

○改善内容

・立った時に足底が着くようになり、立位の維持ができるようになった

・車椅子やベッドなどへの移乗動作が見守り付きでできるようになった

・歩行は装具を使用し見守り、付き添い程度の介助にて歩行可能となった

・表情が豊かになり気持ちが前向きになった

○セラピストのコメント

浮腫みの改善と足首の動きから少しずつ状態が改善してきたため立位の訓練なども行って頂くようになりました。

当初はバランス不良が著しかったのですが、足底の感覚が向上したことと、身体の使い方を理解したことにより安定した移乗動作が可能となりました。

ブレーキ操作などを忘れてしまうことがあるためまだ見守りは必要ですが、ご家族の介助の負担が軽減したためとても喜んで下さいました。

引き続き歩行訓練も行って頂くため更なる生活動作の安定のために頑張って頂きたいです。

その他、くも膜下出血後遺症のご利用者様の声

60日間改善プラン

リスト02

「60日間改善リハビリ」の特徴

リスト01

60日間徹底リハビリであなたの後遺症改善にコミット!

リスト02

期間中、施設だけでなくご自宅の自主リハビリまで徹底サポート!

リスト03

成果をご実感いただけなければ返金保証!

あなたの症状に合わせた目標達成を実現する徹底リハビリ!

60日間で目標に合わせた改善を達成!

目標達成をご実感いただくための3つの特徴

適切な頻度

週2回以上の高頻度
マンツーマンリハビリ

脳梗塞・脳出血などにより損傷した脳の機能に本来の動かし方を学習させるには、頻度と期間が重要になります。60日間/週2回以上のリハビリで徹底的に脳の学習を促進します。

計画的なリハビリ

脳リハ式
1・2・3ステップアップシート

延べ7,000人以上のリハビリ実績から生まれたメソッドを用いて、おひとりおひとりの症状と目標に最適なリハビリ計画を立案します。目標達成へのプロセスをご納得の上でリハビリを極めることができます。

適切なリハビリ量

自宅リハビリ課題
管理・指導

症状や体力に合わせた、ご自宅での自主リハビリ課題を用いた管理・指導を行います。
施設でのリハビリで脳が学習した身体の正しい動かし方を、自宅生活でも定着させていくことを狙います。

60日間改善プランのお申込みはこちら
お申し込み・お問い合わせ
お申し込み・お問い合わせ