実績・ご利用者様の声

脳出血後遺症

手を使って料理が出来るようになった!

〇改善内容

☑料理の際に麻痺の手を支えとして使用できるようになった

〇脳リハ式ステップアップメソッド達成項目

上肢

☑緊張が上がらずに連続動作ができる

☑動作に必要な可動域内で動かすことができる

☑抵抗を感じるが全関節を動かすことができる

☑ある程度の速度で動作を遂行することができる

☑代償なく動作遂行ができる

○レビュー

基礎情報

年代:40代

疾患名:脳出血

発症からの期間:2年

症状:左片麻痺

リハビリ期間:6カ月

リハビリ目標:料理の際に左手を支えとして包丁が使えるようになる

利用メニュー:60日間改善プラン

利用回数:48回

○当ステーションご利用までの経緯

急性期病院にて1カ月、回復期病院にて6か月入院。退院後はある程度の生活動作が出来るとのことで継続したリハビリは行わなかった。しかしケアマネージャー様の紹介にて意欲が向上し当施設に来られる。

○初回体験時の状況

・左手の筋緊張が高く、物を持つと強く握りこんでしまい安定した動作が困難であった

・左半身の麻痺と感覚障害があり手を高く上げることが出来なかった

・左上肢が全体に突っ張ってしまいスムーズに動作が出来なかった

○リハビリ内容

・頭頚部と体幹、および肩周囲の緊張を軽減することから行った

・肩周囲の緊張コントロールが上達し前腕の緊張コントロールも上達したため指先一つ一つの細かい握り動作などの練習を行った。

・指先の感覚を再認識させ手の正しい使い方の再教育を行った

○改善内容

・手で物をつまむ力加減が上達し包丁を使う際の支えとして手を使用できるようになった

・感覚障害も改善傾向であり、身体を触れられたときの感覚が戻りつつあった

・肩を上げる際に余計な力が入らなくなり、肩が高く上がるようになった

○セラピストのコメント

目標を無事に達成できて本当に良かったです!

最初は力を抜くことに苦労をしており諦めかけることもありましたが、コツが分かってからの上達は早く指先まで起用にコントロールできるようになっていました。

日々生活の中でもリハビリを行う習慣があり、その努力の成果が結果に結びついたのだと考えております。

無事に卒業となりましたが引き続き生活リハビリを継続して頂ければ嬉しいです!

その他、脳出血後遺症のご利用者様の声

60日間改善プラン

リスト02

「60日間改善リハビリ」の特徴

リスト01

60日間徹底リハビリであなたの後遺症改善にコミット!

リスト02

期間中、施設だけでなくご自宅の自主リハビリまで徹底サポート!

リスト03

成果をご実感いただけなければ返金保証!

あなたの症状に合わせた目標達成を実現する徹底リハビリ!

60日間で目標に合わせた改善を達成!

目標達成をご実感いただくための3つの特徴

適切な頻度

週2回以上の高頻度
マンツーマンリハビリ

脳梗塞・脳出血などにより損傷した脳の機能に本来の動かし方を学習させるには、頻度と期間が重要になります。60日間/週2回以上のリハビリで徹底的に脳の学習を促進します。

計画的なリハビリ

脳リハ式
1・2・3ステップアップシート

延べ7,000人以上のリハビリ実績から生まれたメソッドを用いて、おひとりおひとりの症状と目標に最適なリハビリ計画を立案します。目標達成へのプロセスをご納得の上でリハビリを極めることができます。

適切なリハビリ量

自宅リハビリ課題
管理・指導

症状や体力に合わせた、ご自宅での自主リハビリ課題を用いた管理・指導を行います。
施設でのリハビリで脳が学習した身体の正しい動かし方を、自宅生活でも定着させていくことを狙います。

60日間改善プランのお申込みはこちら
お申し込み・お問い合わせ
お申し込み・お問い合わせ